現場の仲間を
思いやれる
​コントローラーとして

コントローラー業務担当

牧野  祐介

Pick up interview

コントローラー業務について

一日に約390便のANA国内線、Air Do46便、さらにスターフライヤー54便の運航を支えるのがコントローラーの仕事です。
コントローラーには4つの担当部署があり、
・出発便の貨物搭載量を把握し、担当者に指示を出す出発コントローラー

・無線機を片手に常にモニターを確認している到着コントローラー

・スターフライヤー便の担当者を配置するGSEコントローラー
・そして、全ての作業を統括するチェックコントローラー

これらは全て現場経験が豊富な社員が従事しています。

全体の指揮をとる牧野さんは現在26歳。
3年間の現場経験を経て4年目に就いたチェックコントローラー業務。
そんな牧野さんに、​
仕事や会社の魅力についてインタビューしました。

Interviewer:楢崎雅也 Photographer:ホアン・カレラ

分かりやすい言葉の使い方を大切にする

自分の確認ミス一つで、航空機の遅れを起こしてしまう可能性があるので、確認の徹底と、分かりやすい言葉でチームの仲間に伝えるようにしています。
 

現場の大変さを知っているからこそ

大切にしていること

夏はうだるように暑く、冬は凍えるように寒い現場作業。その経験を自分自身もしてきました。


自分たちコントローラーが立てた作業プランをカタチにしてくれるのは現場の仲間です。仲間の健康状態を気遣えるコントローラーとして、これからも一便一便、確実に貨物を搭載し、航空機の定時出航を支えていきたいです。
 

やりがいを感じる瞬間

一日を通して遅れやイレギュラーがなく、無事に終わったときは、いつも充実感を感じています。

一つのミスが多くの方の迷惑につながるだけに、仕事が終わったときの安心感というか、やりがいはとても感じます。

応募をご検討の方へ

20歳で入社した自分が4年でコントローラー業務まで任せてもらえるようになったのは、会社としてチャレンジさせてくれる文化があるからだと思います。
資格を取得し仕事の幅が広がり、新たな業務が身についてきたとき、自分自身の成長を感じることができます。

社員の仲がよく、和気あいあいとしていますが、仕事に入るとピリッと引き締まった空気になります。
そのメリハリもまたいいですよ!

​>>
私が担当するコントローラー業務はこんな仕事!

株式会社メイワスカイサポート